ホーム > ラボネッツコラム~最新コラム一覧 > 開発テーマ 腰痛コラムコラム一覧 > エアリフトの開発で苦労した点はどんなところ? 〜こだわり続けた快適な座り姿勢〜

ラボネッツコラム 骨盤について、各チームのコラムをご紹介します。

開発テーマ 腰痛コラム
エアリフトの開発で苦労した点はどんなところ? 〜こだわり続けた快適な座り姿勢〜

2017/10/05

エアリフトの開発で苦労した点はどんなところ? 
〜こだわり続けた快適な座り姿勢〜

こんにちは。

ラボネッツの前川です。

私たちラボネッツグループは、美容健康商品をプロデュースしている株式会社ドリームの一部門として、健康商品を開発する活動をしております。

なかでも「骨盤を科学する」をキーワードに、大学との共同研究にて骨盤を研究し、実証データに裏付けられた商品開発をしている点が特徴です。

私は、現在ラボネッツグループの責任者をしており、骨盤を研究し続け15年のキャリアを持ちます。そして、今では接骨院等の先生に講義なども行うまでになりました


さて、本題です。

先週に引き続き、「動かす腰痛治療器 凛座エアリフトの開発で苦労した点はどんなところ?」についてお話させて頂きます。

「動かす腰痛治療器」という名の通り、凛座エアリフトは腰と骨盤を動かします。

内臓された2層のエアバックが膨張・収縮運動の繰り返しを行う事で、座り姿勢の状態で腰を動かす設計なのですが、このエアバックが膨張する部分、つまり腰が押される位置が大変に重要なのです。


腰のどの部分を押せば腰痛の予防と緩和に適切な運動となり、長時間のデスクワークの後でも腰痛で苦しまなくなるのか。 

私たちは腰の付け根部分であう「第3腰椎」に注目しました。

何故「腰椎の3番目」なのかというと、オフィスワーカーの作業姿勢に関係します。

腰椎とは背骨の付け根部分であり、骨盤と繋がる部分です。

つまり、背骨と骨盤に同時に影響を与える部分が「腰椎」なのです。


腰椎の3番目に着目したのは、第4、第5腰椎を押すと背骨への影響が少なく、第1、第2腰椎だと骨盤への影響が弱いためです

では、一般的な座り姿勢を見てみましょう。

オフィスワークやPC作業の場合は、このように背もたれにもたれながら骨盤を後ろに倒して座っていることが多いでしょう。

この姿勢を長時間とることで、腰回りの筋肉が緊張して血流が悪くなり、腰痛になるのです。 

多くの人がこの姿勢を無意識のうちに取っています。 
長時間座った後、気がついたら腰が痛いという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 
この姿勢は腰痛に大変悪い姿勢なのですが、注意をしていてもなかなか治すことができません。だらかこそ、私たちは無意識下で腰に悪い姿勢を取っていても腰痛になりにくい装置(エアリフト)の開発をおこなったのです。


腰椎にエアバックのゆるやかな膨張・収縮運動を与え続けると、骨盤が自然に動かされ、姿勢が変化し続けます。その結果、腰が「柔らかく」なり、腰痛になりにくくなるのです。 

これは「バイオフィードバック」と呼ばれ、腰痛になりにくい姿勢を身体に覚えてもらうことで、腰痛の予防をおこなう方法です。バイオフィードバックはストレス管理、てんかん、自律神経失調、高血圧などの治療やスポーツや武道などの成績の向上に活用されている効果のある方法です。

膨張・収縮運動にも秘密があります。 

まず第1層のエアバックが7秒かけて膨らみます

そして膨らんだ後に7秒間静止し、その次に第2層のエアバックが膨らむことでさらなる押圧を行います

そして最大限膨らんだら約10秒静止し、ゆっくりと縮小していきます。

この静止時間は意図的に設計されています

エアバックが早く膨張すると違和感・緊張につながり、長い時間押圧するとストレスに感じます。

首都大学東京チームによって組まれたこのプログラムは、人間が変化を心地よく感じるように、リラックスするような時間間隔で設計されているのです。



私たちはオフィスワーカーの味方でありたい。 

動かす腰痛治療器凛座エアリフトの開発に着手してから2年。

様々な試作品やモニタリングを重ねてまいりました。

実際に大学の先生にも長い時間使用して頂いております。

座面の形状は骨盤が後傾せず、前すべりしないように起伏をもたせています。

そして椅子の上に置いて使用する快適性を考え出来る限り薄型にしております。

背もたれの弯曲は、エアリフトにもたれかけても腰が楽になるように後ろ少し反らしています。エアバックの膨張・収縮運動時に苦しくならないようにゆとりをもたせており、通常の座り心地にもこだわりました

最後までお読みいただきありがたとうございました。

次回は、エアリフトが効果的な人ってどんな人 
〜誰でも治るわけではないけど予防としては万人向け〜についてお話させて頂きます。


当社ショッピングサイトでは様々な腰痛対策商品を扱っております。 
http://labonetz.com/

Page Top