ホーム > 骨盤とは?

骨盤とは? 骨盤ってどんな役割をしているの?
美容・健康にどんな関わりがあるの?そんな骨盤の秘密を知りたい方は要チェック!

2014/09/01
骨盤周りの筋肉 「腸腰筋」ストレッチで腰痛予防&パフォーマンス向上!

.jpg_10

「インナーマッスル」の代表格として今や有名になった「腸腰筋(ちょうようきん)」について前回、解説いたしました。

前回コラム 骨盤周りの筋肉 「腸腰筋(ちょうようきん)」について学ぼう! はこちら 

「腸腰筋」は歩行、姿勢保持、腰痛予防、スポーツのパフォーマンスなどに影響を及ぼすとされ、
この部位の柔軟性、左右の筋力バランスを向上させることは重要と言われています。

重要な役割を日々果たしているからこそ、緊張し、硬くなりやすい部位でもあります。

今回はこの「腸腰筋」の機能向上に役立つストレッチ方法をお伝えします。

 
「腸腰筋(ちょうようきん)」をストレッチして機能向上を目指そう!

 

立つ、歩くといった基本的な動作を行なう大事な筋肉群「腸腰筋」の柔軟性を高めることで、
機能向上へ導くストレッチ方法です。

【注】

※急激に動かず、ゆっくり行うようにしましょう。

※痛みを感じる時は無理せず、ストレッチは控えてください。

※腰痛など不調を抱えている場合は、主治医の指導に従ってください。

※左右の脚を交代させてバランスよく行ないましょう!

------------------------------------------------------------------------------ 

【基本の腸腰筋ストレッチ】

1)足を前後に開き、後ろ脚の膝をつきます。

2)胸を張った状態で、腰を前に押 し出すようにします。

3)腰が張ってくるところで動きを止めて、数十秒間維持します。
 

02-01_680_01

------------------------------------------------------------------------------

【椅子で行う腸腰筋ストレッチ】

1)椅子に背を向けた状態で背すじをのばして立ち、片脚を座面に引っかけます。

2)肢の付け根(股関節)から身体を前に突き出すようにして脚を後ろに反らせていきます。

3)腰が張ってくるところで動きを止めて、数十秒間維持します。

02-02_680 


==============================================================================

文責:株式会社ドリーム 

腸腰筋をストレッチして、カラダ超陽気!

Page Top