ホーム > 骨盤とは?

骨盤とは? 骨盤ってどんな役割をしているの?
美容・健康にどんな関わりがあるの?そんな骨盤の秘密を知りたい方は要チェック!

2014/11/04
骨盤周りの筋肉 ぐらつかない下半身はこの筋肉がカギ!「中臀筋」

.jpg_10


骨盤周りの各筋肉群の場所と役割について解説するシリーズ「骨盤周りの筋肉を知ろう!」。

 

今回は、大臀筋の奥でこっそり重要な役割を果たしている

「中臀筋(ちゅうでんきん)」についてお伝えします。

 

身体の左右バランスをとる隠れた職人「中臀筋」

 

「中臀筋」は、骨盤から大腿骨(太ももの骨)に付着しているお尻の筋肉です。

お尻の筋肉と言えば、表側の大きな筋肉「大臀筋(だいでんきん)」が目立ちますが、その奥で大事な役割を果たしているのがこの「中臀筋」です。

01_680_02 

 

中臀筋は骨盤と股関節を結び、股関節を外転(脚を左右に上げる)働きがあります。片足立ちをしてもふらつかないように、バランスがとれるのは、中臀筋の機能が影響しています。

日本人、特に女性には骨盤が前に傾いている「骨盤前傾」の方が多いと聞きます。「骨盤前傾」の方は中臀筋の働きが弱まっている懸念があります。

 

中臀筋が弱まると、股関節の不調などを引き起こす恐れがあります。

 

ただ、大臀筋の奥にある筋肉なので、なかなか鍛えにくいのが難点です。

 

次回のコラム「骨盤周りの筋肉を学ぼう」では、「中臀筋」にアプローチするエクササイズ方法を伝授します!

 

 

「中臀筋」はバランスの要なのだ。

Page Top