ホーム > 骨盤とは?

骨盤とは? 骨盤ってどんな役割をしているの?
美容・健康にどんな関わりがあるの?そんな骨盤の秘密を知りたい方は要チェック!

2015/03/27
骨盤とカラダの不調 肩・首のコリと骨盤後傾②こうやって改善!日常動作

.jpg_05

シリーズ「骨盤と不調」では、日常で抱える様々な不調と骨盤の関係について解説しています。

 

前回お伝えしたのは、骨盤後傾と肩・首のコリの関係でした。

今回は、日常生活のクセを見直してコリの原因になりえる

骨盤後傾を補整する方法について、解説します。

 

そのひと工夫が、コリの原因を断ち切る?!

 

前回のコラムでお伝えした、コリの原因となる「骨盤後傾」と引き起こしやすい

日常の動作ぐせについて、改善策をご紹介します。

 

・重たい荷物を持つ時は左右に分けて均等に持つ

 腰の前に乗せて運ぶと骨盤が後傾し、猫背になります。

 エコバッグなどを2枚用意して、左右に均等に分けて持ちましょう。

 

・子供を抱く時は抱っこひもを有効活用

 腕だけで抱っこすると、どうしても腰の前に乗せてしまい

 骨盤が後傾しがちです。

 抱っこひもを是非活用しましょう。

その際には、装着位置をきちんと確認してください。

緩みがあったり、位置が違うとかえって肩への負担が大きくなります。

 

・ノートパソコンは画面を目線の高さ+外付けのキーボード使用

 画面一体型のノートパソコンでの作業は、目線より低い画面を覗きこみ

肘を伸ばしてキーボードを叩く状態になります。

自然と背中が丸まり、骨盤が後傾してしまいます。

 

ノートパソコンの本体の下に、厚みがあるものを敷いて、

画面をまず目線の高さまで上げましょう。

キーボードは外付けのものを別途用意することをオススメします。

外付けにしたキーボードは、肘が直角の状態に曲がる位置にくるよう

置き場所を調整します。

 

・椅子や机の高さを調整する

 椅子の高さを調整します。

座って脚を下ろした時に足が浮いてしまう場合は高すぎますし、

逆に膝が直角よりも曲がった状態になる場合は低すぎます。

座って自然と足裏全体が地面に着き、膝が直角に曲がった状態を維持できるのが理想です。

 

椅子の高さが決まったら、机の高さを合わせましょう。

キーボードに手を置いた時に、肘が直角に曲がる高さが適切です。

デスクそのものの高さを調整できない場合は、デスク用のマットなどを活用してください。

 

・スマホは目線の高さに上げて見る

 うつむいて画面を覗きこんでいると、猫背・骨盤後傾の状態になります。

 スマホを見る時は、画面が目線の高さに揃うように上げましょう。

 長時間の閲覧は避け、一日の閲覧時間に制限を設けましょう。

 

 

骨盤後傾につながる日常動作のくせを正して、コリ知らずの健康な身体を手に入れましょう!

 

02

 

画面は目線の高さ、荷物は左右前後に均等に、作業中の肘は直角に。

この三原則を守ってコリ知らずの身体になろう!

Page Top