ホーム > 骨盤とは?

骨盤とは? 骨盤ってどんな役割をしているの?
美容・健康にどんな関わりがあるの?そんな骨盤の秘密を知りたい方は要チェック!

2012/04/24
骨盤が歪む? 骨盤自体は、大きく歪むわけではない

「骨盤の歪みを正す」という表現に触れることがあるかと思います。


「歪み」と聞くと、何だか怖いイメージがありますよね・・・


実際に骨盤は「歪む」のか。どのような状態が問題になってくるのか。


今回は「歪み」をテーマに解説します!

.jpg_05

骨盤自体は、大きく歪むわけではない

out__02  

  骨盤はいくつかの骨の組み合わせで

  できています。


  その骨同士をつなぎ合わせているのが
  関節。
  
  その中でも「仙腸関節」は、
仙骨と左右の
  腸骨の3つをつなぐ重要な関節です。



実はこの「仙腸関節」、わずか数ミリしか動かない関節なんです。

その
微妙な動きで、歩いたりしゃがんだり、といった基本動作を支えています。

 

科学的には、その数ミリの動きの中で、大きく「歪む」とは言いきれないのが
実状。


逆に、外的な力(事故など)によって関節自体が故障を起こした場合、
「歪み」だけに
とどまらない深刻な症状につながる可能性があります
(歩行の支障・腰の疾患など)。




前後・左右の「傾きすぎ」は問題out_02


このように骨盤自体が大きく歪むとは言えませんが

骨盤の前後・左右への「傾きすぎ」

身体全体の歪みに影響を与えている、とは

言えると思われます。


例えば猫背になりやすい人は骨盤が後ろに傾きがち


逆に前に傾きがちな人は、いわゆる「出っ尻」姿勢

になり、腰に負担がかかりやすいと言えます。


左右どちらかに偏ってしまうと、股関節や背骨も、
どちらか一方に負担が
かかりやすくなります




周りを支える筋肉の「バランス」にカギ



実際に骨を動かしているのは「筋肉」。

この筋肉がきちんと前後左右バランス良くつき、バランスよく機能することで
バランスのとれた健康な身体は維持できるのです。


つまり「骨盤が歪む」というより「骨盤周りの筋肉がバランスよく機能していない」という表現が、実態に近いかもしれません。


「腹筋だけ鍛えている」「いつも右肩だけに鞄をかけている」
「イスにもたれて座って
しまう」といった普段のクセを見直し、左右前後、
バランスよく
身体を動かすことが大事ですね。


.jpg_06
骨盤を動かし支える「筋肉」バランスから
                   しっかり見直すべし。

Page Top