ホーム > チーム活動報告~最新活動報告 > ラボネッツ 広島大学チーム活動報告 > 歩く楽しさを科学する

チーム活動報告 各チームの日頃の活動について報告します。

ラボネッツ 広島大学チーム活動報告

2012/12/12
歩く楽しさを科学する

新感覚の、脚全体に働きかける歩行を目指して

ラボネッツ 広島大学チームでは、歩きを科学する靴を研究中です。

日課としてウォーキングを設けている方だけでなく、歩行は全ての方にとっての「日常動作」。そして、靴は歩行の質を左右する要ともいえるアイテムです。
履いて歩くだけで、脚全体から骨盤にかけて運動機能に働きかけてくれる靴を作るべく
サンプル作成と効果検証が始まりました。


「一時間位歩いてみて、疲労度合いもみてみたい」

「足裏への作用が脚全体に与える影響を試していきたいね」

「歩いてみた時の新鮮な感覚が、楽しく歩き続けられるために大切」

歩いた時の感触も楽しく、どんどん歩きたくなる靴を目指して試行錯誤が続いています。

わずかな調整が歩行の質を左右する

歩行時、足裏は体重を支え、同時に蹴りだしを行なっています。

その足裏に接する靴は、ソールやインソールの形状のわずかな違いで、歩行の質を大きく左右します。


「一日履いていると、少し痛い感じがあるかもしれない」

「もう少し削ってみてはどうでしょうか」

「もっと傾斜をつけた方が体感があるのでは」

様々なシーンでの試用を重ねながら、納得のいく形状になるまでコツコツと前進していきます。

その他のチームの活動報告を見る

Page Top